スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、複合糖質の主要成分の一つであるグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種で、細胞と細胞の間に多く存在して、水分の保持やクッションの役割を果たしています。その最大の特徴は優れた保水性で、ヒアルロン酸1gで約6,000mlの水分を保持することができます。

一般的に40歳以上の人では、皮膚のヒアルロン酸は24時間で、軟骨に含まれるヒアルロン酸は2~3週間で半減してしまいます。減った分は体内でアミノ酸から合成されるのですが、その合成能力は年齢を重ねるにつれて落ちていきます。

加齢とともに肌のハリが失われていくのは、真皮内のコラーゲンやエラスチンの減少とともに、それらの組織間を埋めているヒアルロン酸の量が減っていくためなのです。

ヒアルロン酸 は皮膚の保水作用のほかに、関節の潤滑作用(骨と骨の間の滑りをよくする)や緩衝作用(クッションとしての役割)など、関節の動きを良くする働きをします。
また目の硝子体に多く含まれ、緩衝作用や組織形状の維持(目の形の維持)の役割をしています。

体内でアミノ酸からヒアルロン酸を作るには、マグネシウムと亜鉛を欠かすことができません。特にマグネシウムは重要です。

効能

  • 肌の保湿、皮膚細胞の活性化、骨・軟骨の強化
  • 摂取方法と摂取量

    鶏冠や臍帯(へそのお)などから抽出される良質のヒアルロン酸は、化粧品などに保湿成分として添加されるほか、健康食品に配合されたり、関節炎の治療薬や眼科手術補助剤、点眼剤として利用されています。

    1日当たり30~50mg

    注意点

    ヒアルロン酸をはじめ、コラーゲンコンドロイチン硫酸などのタンパク質(ムコ多糖)は分子量が大きく、そのままでは身体の内部に浸透しません。「低分子化処理」が施されているものを選ぶことが大切です。

    飲む低分子ヒアルロン酸

    みずみずしくハリのある肌に ヒアルロン酸

    健康食品

    厳選したレストラン・料亭のオンライン予約サイト 一休.com

    関連記事

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    -

    管理人の承認後に表示されます

    グリコサミノグリカン-体が元気になるならない物質

    グリコサミノグリカングリコサミノグリカン(glycosaminoglycan)は、長鎖の通常枝分れがみられない多糖。動物の結合組織を中心にあらゆる組織に普遍的に存在する。以前はムコ多糖と呼ばれていた。GAGと略されることが多い。硫酸基が付加した2糖の繰り返し構造からなる。う

    花粉症・風邪による鼻水にヒアルロン酸効果☆

    不覚にも風邪…鼻水が止まらない。でも、鼻をかみつつヒアルロン酸保湿クリームを塗りたくり、何とか鼻の皮膚ズル剥け状態は回避できました☆ 鼻水が止まらない… 「花粉...
    カテゴリー
    栄養素一覧
    関連サイト

    最近のトラックバック
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。