スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核酸(DNA/RNA)

核酸は、動植物などの細胞核内に存在し、生物の遺伝をつかさどる成分で、DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)の2種類があります。

核酸は、細胞の代謝に深く関与し、細胞の増殖、タンパク質の合成、細胞の活性を促進します。

核酸は、肝臓で生合成されるか、食品中の核酸から再合成する形で補われますが、20歳を過ぎる頃から肝臓の生合成能力が衰え始るため、食品による核酸補給の依存度が高まってきます。当然、核酸が不足して新陳代謝が低下すると、不活性な細胞が増え、老化が進むことになります。

老化を抑制し、若々しさを維持するためには、加齢とともに不足する体内核酸を食品で補給してやることが大切になります。

人の体は60兆個もの細胞から成っていますが、そのすべての細胞がその人に固有の同じDNA(遺伝子)をもっています。DNAは、その人の生命活動に関わるすべての遺伝情報を記録し、細胞の増殖と分裂を制御します。
RNAはDNAから転写された情報に基づいて特定のアミノ酸からタンパク質を合成するとき、細胞内にその場所を作ったり、必要な遺伝情報をDNAからそこへ運んだり、あるいは細胞内のアミノ酸を集める役割をします。

効能

  • 新陳代謝を活発にし老化を抑制
  • 心臓の機能低下の回復、肝臓・腎臓障害の軽減
  • 紫外線などで傷んだ肌の修復(直接皮膚に塗ることにより)
  • ニキビの軽減
  • 摂取方法と摂取量

    核酸を豊富に含んでいる食品には、小麦胚芽、小麦プラン、ほうれん草、アスパラガス、いわし・鮭・アンチョビ・煮干し・海苔・ハマグリ・かきなどの海産物、鶏のレバー、オート麦、たまねぎなどがありますが、こうした食品の中に含まれる核酸成分は低分子なので、腸内で消化されてしまって核酸の再合成の役に立ちにくいのが現状です。
    その点、鮭・たら・ニシン・ふぐなどの魚の白子や酵素(ラベルにDNAとRNAを豊富に含むと書かれている栄養イースト)などの核酸は高分子であるから最後まで分解されてしまうことなく、低分子の状態で吸収されて各細胞に運ばれて、核酸の再合成の原料になることができます。

    1~1.5g/日

    注意点

    高尿酸血症の人は摂り過ぎると核酸中のプリン体が痛風の原因になる可能性があります。

    健康食品

    関連記事
    カテゴリー
    栄養素一覧
    関連サイト

    最近のトラックバック
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。