スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、私たちの身体を構成する約60兆個の細胞の殆どに存在し、細胞が活動するために必要なエネルギーを生み出すのになくてはならない補酵素です。

もともと心臓病の治療薬として使われてきましたが、現在では心肺機能を高めるサプリメントとしても世界中のアスリートたちに広く愛用されています。

また、コエンザイムQ10は、ビタミンEの抗酸化力を高め、自らも強力な抗酸化物質として作用するので、老化抑制物質としても注目を集めています。

ひとつの細胞内には、ミトコンドリアという小器官が、各臓器によってちがいますが50~2,500ほど存在しています。ミトコンドリアでは、栄養素や酸素からアデノミン三リン酸(ATP)という物質がつくられます。
アデノミン三リン酸は、必要に応じてリン酸とアデノミン二リン酸に分解しますが、このとき放出されるエネルギーが、細胞の活動源になっているのです。

ミトコンドリアに多く含まれるコエンザイムQ10は、アデノミン三リン酸の生成で大切な役割を果たす、欠かすことのできない物質です。

細胞中のコエンザイムQ10の量は、活発に活動する臓器ほど多くなっています。このことからも、細胞のエネルギーのもととしてのコエンザイムQ10の大切さが分かります。

コエンザイムQ10の量は、20歳前後でピークを迎え、以後は加齢とともに徐々に減少していき、細胞の活動が低下していきます。その結果、老化が進み、病気を発症しやすい体質に変わっていきます。

効能

  • 老化抑制
  • 心筋梗塞の予防
  • 慢性疲労の改善
  • 高血圧の予防
  • コレステロールの抑制
  • アルツハイマーの予防
  • 歯槽膿漏の予防
  • 摂取方法と摂取量

    コエンザイムQ10は、鰯・鯖などの青魚、レバー類や牛肉・豚肉などの肉類、大豆、ほうれん草、ブロッコリー等に多く含まれていますが、加齢により不足する分を、食事だけで摂りきることはできません。バランスのよい食事に加えて、サプリメントで補助することには十分意義があるといえます。

    必要な摂取量は1日当たり100mg、バランスのよい食事で摂取できる量は10mg程度です。

    注意点

    コエンザイムQ10は、油に溶けやすく水に溶けにくいので、油脂を含む食事を摂った直後に摂取するのが吸収を高めます。空腹時に摂取すると十分に吸収されず、効果が半減しますので注意してください。

    コエンザイムQ10配合。サントリー『CoQ10+セサミンE』

    DHCのコエンザイムQ10

    超吸収型コエンザイムQ10「イビキノン」

    健康食品

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    コエンザイムQ10(CoQ10)

     若返りのサプリメントなど呼ばれていますが、皆さんはコエンザイムについてどの程度知っていますでしょうか? もともと人の体の中で作られるコエンザイムQ10は体内で酵素の働きを助ける補酵素ですが、年を取るとともに減少していきます。 基本的には活性酸素を排除する
    カテゴリー
    栄養素一覧
    関連サイト

    最近のトラックバック
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。