スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

αリポ酸

αリポ酸(別名チオクト酸)は、体の中でつくられる脂肪酸の一種で、酵素を補う働きを持つ補酵素の一つです。万能の「抗酸化物質」とも呼ばれ、フリーラジカル(酸化物質)から身体を守るという重要な役割をします。
もともと病院で解毒や肝臓機能を改善する薬品として使われてきましたが、2004年から、食品として使うことが認可されました。

αリポ酸は、強力な抗酸化作用があり、その抗酸化力は話題のコエンザイムQ10よりも強いといわれています。
歳をとるにつれて、体内で十分な量のαリポ酸が生成できなくなるために、40歳を過ぎると、食品からから摂るほかにサプリメント(栄養補助食品)によって補う必要が生じてきます。

体内でつくられる抗酸化物質は特定の仕事(それぞれ1、2種類のフリーラジカルに対する効果)を受け持っているのが普通ですが、αリポ酸は水にも油にも溶けるのでさまざまなフリーラジカルを抑制する(攻撃力を弱める)力があり、他の抗酸化物質の働きを助けることができます。
たとえば、抗酸化力のあるビタミンCやビタミンEが不足すると、一時的にαリポ酸がその不足を埋め合わせる役割をしてくれます。
また、αリポ酸にはビタミンCやビタミンEの効果を高める作用もあります。

効能

  • アンチエイジング作用(老化抑制作用)
  • 血糖値を正常にして糖尿病による合併症を防ぐ
  • 血液脳関門を通過できるので、脳卒中による障害改善の助けになる
  • キノコ毒素などの有害物質の解毒作用
  • 肝臓機能の改善
  • 慢性疲労の改善
  • ダイエット
  • 摂取方法と摂取量

    αリポ酸を多く含む食品はレバー類といわれています。レバーは好き嫌いの分かれる食材ですが、臭い消しとなる香味野菜などと一緒に煮たり、濃い目に味付けするなど工夫して食べるとよいでしょう。
    またαリポ酸は酵母類などにも含まれていますから、酵母のサプリメントで補うこともよいでしょう。

    リサプリメントは、1日50~100mg×2回、食後に摂ります。

    α-リポ酸&コエンザイムQ10セット ☆FANCL☆

    健康食品

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    副栄養素その2(生命維持に必要な抗酸化ネットワークにおいて重要な働きをするαリポ酸)

    αリポ酸(アルファリポ酸)とは? αリポ酸(アルファリポ酸)は、エネルギー生成における重要な化合物であると同時に、生命維持に必要な抗酸化ネットワークにおいて重要な働きをします。αリポ酸(アルファリポ酸)の作用としては、1.細胞内の水溶性、脂溶性いずれにも
    カテゴリー
    栄養素一覧
    関連サイト

    最近のトラックバック
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。