スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルコサミン

グルコサミンは、グルコース(ブドウ糖)の一部の水酸基(-OH)がアミノ基(-NH2)に置換されたアミノ糖の一種であり、軟骨の構成成分であるムコ多糖類の構成成分です。変形性関節症など関節炎に伴う症状に効果的であり、コンドロイチンと併用されることが多くあります。

グルコサミンは、私たちの体の中では、グルコースとグルタミンを原料として作られますが、作られる量は、年齢とともに減っていってしまいます。

グルコサミンは、グリコサミノグリカン(代表的なものとしてヒアルロン酸やコンドロイチンなどがあります)と総称される分子の主要成分であり、各組織の柔軟性や弾力性に寄与しています。

グルコサミンは、自然界ではカニやエビなどのキチン質の主要成分として多量に存在しています。

効能

  • 変形性関節症や関節炎に伴う症状の予防や改善
  • 関節軟骨の障害を回復させる作用
  • 関節軟骨の保護作用
  • 摂取方法と摂取量

    グルコサミンが多く含まれている食品の代表的なものとしては、動物の「軟骨」が挙げられます。豚や牛、鶏などの軟骨から直接グルコサミンを摂ることで、関節痛の痛みを改善するなどの効果があります。軟骨にはコラーゲンもたっぷり含まれているので、肌にも良い効果があります。

    次に挙げられる食品には「山芋」があります。山芋には植物性のグルコサミンが含まれていることが特徴です。グルコサミンのサプリメントでは、植物性のグルコサミンを摂ることはなかなかできないため、こうして食品から直接摂ることがおすすめです。

    山芋の他にも、「オクラ」などネバネバした食品にグルコサミンは多く含まれています。また、グルコサミンだけではなく、コンドロイチンも多く含まれているため、まさに関節痛の改善にもってこいの食品となっています。

    この他、グルコサミンが含まれている食品には、「干しエビ」や「ウナギ」、「ふかひれ」などが挙げられます。

    このように、グルコサミンは様々な食品から摂ることもできます。

    サプリメントの活用については、一般に短期間では効果が期待できないので、継続して利用するようにします。

    1日当たり1,000~1,800mg

    注意点

    多くのグルコサミンサプリメントは、カニやエビなど甲殻類のキチン・キサトンから製造されているので、甲殻アレルギーの人は摂ることができません。

    グルコサミンが血糖値に影響する可能性が否定できないという報告があるため糖尿病の人は注意する必要があります。

    関連記事
    カテゴリー
    栄養素一覧
    関連サイト

    最近のトラックバック
    リンク
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。