FC2ブログ

コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸は、人体の角膜・軟骨・骨・皮膚などに存在するムコ多糖類(複合多糖類)の一種で、保水性に優れ、特に軟骨の主成分として知られています。

人の成長期には体内で十分に生成されますが、20歳を過ぎる頃から合成能力は落ち、50歳を超えると必要量の20分の1程度しかつくられず、体内の保水力がなくなっていきます。これが老化の現象の一つで、肌の衰えや関節の痛みになって現れます。

続きを読む»

スポンサーサイト



カテゴリー
栄養素一覧
関連サイト

最近のトラックバック
リンク
RSSフィード